住まいの居心地の良さは人生にも影響する


 家の住み心地を考える時、そこには、静けさとか、重量感とか、気密性とか、さまざまな要索がごちやつと頭に浮かびますが、要は「見た目の安らぎ」と「使いやすさ」であります。

 そして「見た目の安らぎ」はデザインとマテリアルにかかっています。
 それぞれの役目を終えて帰宅した人を、その家はどういうふうに迎えてくれるのか、どう甘えさせてくれるのか?

部屋

 もちろん視覚が主となりますが、「居心地」は五感全部で感じるものであることはたしかであります。
 「ただいま」と帰って、戸口からリビングへ抜ける。あるいは寝室へ直行する。その間に目に入る壁、天井、家具、窓、床、そして音、漂う空気、これらを全身のすべてで感知する。それには「やっぱり、我が家でなくちや」というその人の琴線に共鳴する家作りが肝心なわけです。スムーズに体が移動できない間取りは気分を淀ませ、疲労の重みを感じさせます。

 家が人の活力を削ぐ、あるいは人生をマイナスに持っていくというのは、こういうことによりまして、決して家相や風水のせいではありません。
 風水本など読む暇があったら、いろいろなものを見てセンスを磨き、気持ちのいいインテリアを考えることであります。

<ベッドルームは最低でも十畳!>
 図面を考える時、アメリカ人ならまず自分たち夫婦の寝室を頭に描きます。
 マスター・ベッドルーム(夫婦の寝室)を大きく取って、側面にはウオークインクローゼット、それに続く清潔で甘美なバスルームとかなんとか・・・。
 それに対して、日本人は真っ先にリビングルームの位置を考えると思うのですが、どうでしよう。

 日本人の場食視点が「自分」ではなく、「他の人」なのです。皆が居間に集まってテレビを見る。あるいは、お客さんを中に通してくつろいでもらう、そんな部屋を一番の要として考えてしまいます。
 はたしてそれでいいのでしょうか? たしかに大切な部屋には違いないが、実は一番多く時間を過ごすのは寝室なのであります。

居間

 人生の三分の一は、寝室の中にこもる。病気になってもそうだし、子作りや、子作りでない時だって漂ったりもするのです。
 また予算の関係上、純粋寝室として独立させることができず、パパの書斎も兼ねていたり、ママの趣味の部屋なんぞになっていたりしたら、そこで過ごす時間は圧倒的です。

 そう考えると、自分と寝室の関係がうまくいかなければ人生の三分の一は暗くなっちやうから、あだやおろそかにはできません。

 寝室の空間はタップリ取ってほしい。土地が狭いからといって小さい部屋をゴチャゴチャとたくさん作らずに、一つ一つを大きく取り、マスター・ベッドルームは二十畳……と言いたいところだが、そうはいかない人でも最低十畳はお願いしたい。


埼玉県の南西部に位置し,ベッドタウンとして発展し続けている所沢市。埼玉県内でも4番目に人口が多い街です。西武線が2路線乗り入れていて,東京都内へのアクセスもスムーズに出来るのが特徴となっています。池袋や新宿までは約30分ほどで移動できるので,所沢市内に住まいをかまえて,都心部へ通勤通学をする人々も多いです。市の南西部にある狭山丘丘陵は,柳瀬川を含む3つの河川の水源ともなっているので,自然豊かな景観を望むことが出来るでしょう。公園も多く点在しているので,休日には家族連れの姿をよく見かけます。また,生活面はというと狭山ヶ丘駅などの駅周辺を中心に商業施設が集積しているので,日常のお買い物には不自由しません。交通面は道路網・鉄道網ともに充実しているので,市内のみならず,埼玉県各エリアや東京都心部へもラクラク移動できますよ。狭山ヶ丘駅周辺は特に注目の住環境となっており,昔懐かしい雰囲気の商店街や小中学校などの教育施設もあることから,お子さんからシルバー世代まで幅広い年齢層にとって暮らしやすくなっているのが特徴的です。そんな狭山ヶ丘駅周辺には単身者向けからファミリー向けまで様々な賃貸物件が建ち並ぶ住宅街も広がっているので,所沢市内へ引越しをするのなら狭山ヶ丘駅周辺で賃貸物件を探してみるのもいいでしょう。

貴方が経営をしている賃貸にインターネット設備を考えてみませんか?
現代では一番おすすめできる設備として注目されています。最近ではお家でインターネットを使わない方はほぼいなくなってきています。
そのため、賃貸で引越しをしてきて,すぐに無料でインターネットを使えるのは本当に嬉しいという声も上がっているんです!

神奈川県で不動産を探す際は、横須賀市の不動産物件がお勧め。横須賀市は三方を海に囲まれているため,日々の暮らしで海を感じることができます。内陸部には山もあって,自然の中で生活を送ることができるでしょう。そんな横須賀市の不動産情報について調べませんか?

東京都へのお引越し。できれば、人気のエリアへお引越しをしたいと思いますよね。23区は人気のエリアが多いのですが、特に渋谷区は若者の街としても知られており、ショッピングや交通面も充実しているので人気があります。渋谷区と聞けば、先ほども申しましたが、若者の街!というイメージが強いのですが、下町っぽいエリアも意外にもあるんですよ。笹塚あたりは高齢者も多く生活をする落ち着きのあるエリアです。目立つエリアだけでなく、落ち着いた環境で新生活をしたいなら、渋谷区の本町エリアもおすすめです。教育機関なども充実しているので子育て中の方にもおすすめです。賃貸物件も豊富にあるようなので、ぜひ渋谷区本町エリアで賃貸探しを行ってみてはいかがですか?