サンルームは「北」か「北東」が最もいい


 私の好きなものの中に、サンルームがあります。観葉植物などを取り込んでアンティークのテーブルと椅子を置いたりします。
 その中に本などを持ち込んで、椅子にそこはかとなく座っていますと、人生の馥郁としたものが込み上げてきます。

観葉植物

 ブルーマウンテンとモカをほどよくブレンドした芳しいコーヒーの香りが、そこかしこに置かれた鉢から伸びる緑と溶け合い、時空をモーツァルトの曲が流れるなんぞは、まことに手放しがたい、とろとろとした昼下がりであります。

 本来人間は、手つかずの広大な草木の中で、静かにおしゃべりを続けたり、読書の時間を持ちたいわけです。しかし、ひ弱な現代人は、大自然が放つオーラというのか、生身に射し込む強烈な野性をうっちゃることができません。
 ですから、ガラスで野性と自分との間にバリアを張ってサンルームを作ります。しかし、内と外との境はできるだけあいまいにしたい。従って中に植物を取り込み、自然の息づかいと匂いをゆるりとこもらせるのであります。サンルームの中は、あのいまわしい蚊に刺されることもなく、実に快適。

 さて、問題はただ一つ、太陽の熱であります。
 とにかく暑い。 作った当初は「わあ、すてき」などと、解放感と緑に心を奪われ、家族がそろって飲み物など手にしてわいわいと入り込みますが、そ
のうち地獄と化し、「やっぱだめだわ」なんてみんな出てきて、中は意地張っている親父一人ということになってしまいます。

 そこで天窓を作ったり、ブラインドを付けたりということをするのですが、そんなもので逃げられるものではない。こいつだけは、少々の知恵を巡らせたくらいじや、突破できません。

 そこで、サンルームは南側という素人衆の一般常識はこの際すっぱりと捨てて、北側とか北東に持ってくるのが妙手であります。コロンブスの卵。ビバリーヒルズでは、これ一発で私の評価が上がり、サンルーム取り付け名人としてもてはやされたこともあったくらいです。

サンルーム

 それでもって私は、さらに改良を試みました。断熱性のあるペアガラスを使用し、思い切って大きく風を引き込む引き戸か窓を付け、天窓も自由に開けられるようにしました。
 これでいったん内部の熱気を逃がしておいて、隣接しているリビングからの冷え冷えの空気を流し、最後に日除けには、日本から取り寄せた葦簾を使いました。これがまた一番の評判でありました。


東京都23区の中でも住みやすい街として人気の高いエリアは様々にありますよね。そのなかでも四季折々の表情を楽しめるのが「目黒区」。目黒区は桜並木が美しい目黒川をはじめ,月々の縁日で賑わう目黒不動尊などの名所が多数あり,西麻布や中目黒へも徒歩圏内であることから日々の生活において不自由さを感じず,また楽しく過ごすことができるでしょう。実は隠れたラーメン激戦区であることも目黒区のポイントのひとつです。様々なラーメン店が軒を連ねているので,ラーメン好きにとっては外せない街でもありますね。そんな目黒区は,飲食店だけでなくスーパーや雑貨屋などの商業施設が豊富となっているので,とても住みやすい街となっています。山手線沿線に位置しているので交通至便でもありますし,駅周辺から少し離れた場所を中心に,単身者向けの賃貸物件やファミリー向けの中古マンションなどの不動産物件も建ち並んでいます。目黒区の魅力に惹かれるのも頷けますね。目黒区で住まいをかまえたいけど,不動産物件を購入するのは躊躇してしまう…という方は,ライフステージの変化に合わせて住まいを変えていくという方法もとれますよ。目黒区の中古マンションを購入する前に,まず賃貸物件を借りてみる…という選択肢もありますね。

川崎市で一人暮らしや新しい新婚生活を検討中の方はいますか?
私は前一人暮らしのお部屋を探していて,このブリリアタワー川崎という物件で暮らすことになったんです。
川崎市は工業都市としても有名で,程よく栄えていることから住みやすいエリアとして評判ですよね。
そんな川崎市にブリリアタワー川崎なら、かなり充実した生活を送れています!

関西地方で人気の神戸市は、国際貿易地方として発展しています。外国人居住区もあって,異国の文化と触れ合うことができますよ!
そんな神戸市で新築マンションを探しませんか?複数の路線が走っているので,交通面で困る心配もないでしょう。ぜひこの機会に神戸市の新築マンション情報についてご確認ください!